よろぴく


by suac-futsal-10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

短編小説 -序幕-

現在、メディアの嵐にのまれ世の中すべてがデジタル化してきてるのだ
そんな中、重い腰を上げた一人の戦士!
「クマイコビッチ!」
彼により娯楽小説は復活の兆しを見せ、今まさに復活しようとしているのであった。

イメージソング 「セプテンバー -追伸;元気です俊平-」  
 あいつがいつも言ってた匂いってオレのことだったのかい
 気づいたのはセプテンバー   ムレた足~
 君の心はオクトパス   さぁ立ち上がれ 匂いどもよ
 乾いた空  厚いダウン  白い世界
 冬はもうすぐ僕の足に襲いかかる
 君に向けた想い それが匂いと気づくまで
 僕はキミが好きなのさ
 
 あ~足っくせ あ~足っくせ
 勘違いしないでね アシックスじゃないのだから
[PR]
by suac-futsal-10 | 2007-12-28 18:17 | 短編小説王国