よろぴく


by suac-futsal-10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画半生( 10 )

バタリアン4

ツタヤにいったら、新作としてこのバタリアンシリーズの4が置いてあった。基本的に自分の観たい映画のジャンルがSF、アクション、近未来、ホラー、パニックミステリーそしてジャッキー全般なのである。恋愛とかヒューマン系は偶然じゃない限り観ない。あと映像の古い90年代のやつはあまり好きじゃないし、設定が「昔」というものあまり観ない。だから、最近のSF・近未来でも90年代初期に製作されたかどうかにまず目が行く。90年代初期の映像とCGが基本的に古くてイヤなのだ(ジャッキー除く)。そのあとに内容が現代かどうかを見る。(まだあるが、それは最後に述べようと思う。)
例えば、「サウンドオブサンダー」とかは設定が「今」以上を基準にしているから大好きである。それとは逆に「パイレーツオブカリビアン」などは映像とかCGはすごいけど、設定が昔なのであまり観る気がしない。
前置きが長くなったけど、そういった基準で、今回このバタリアン4を借りてみた。新作というネームが最新のCGで、かつ、ど迫力があるホラーじゃないかと思わされた。
ダメだった・・・。
映像が古かった・・・。
20分くらいで観るのをやめてしまった・・・。

先ほど述べた、「まだある」というのが、一番恐ろしい。
それがこの作品にも当てはまっていた。抽選BOXとかで当たりを引いても、賞品がティッシュだったぐらい恐ろしいのだ。
それは何かと言うと、有名じゃない製作会社であったりするのがハズレを引く可能性が高いというもの。ワーナーブラザーズとかを王道として、やっぱそれなりの映画にはそれなりの企業がバックアップしているということがわかった。それは全国公開作品かどうかでわかる。パッケージの裏面を見るとそれがちゃんと書いてあるから、CGやら映像やらそれなりのやつを見たい人はまずここをチェックすべきだろう(あと出演者も)。
新作でも、これがイギリス製作であったりロシア製作だと、やっぱ迫力的にハリウッドとはちょっと落ちる感は否めない。
すべてがそうでないにしろ、いわゆるB級映画に引っ掛かってしまうと自分的にすごいヘコむのである。
[PR]
by suac-futsal-10 | 2006-12-18 22:32 | 映画半生

THE MYTH 神話

この作品はジャッキー映画のなかでも複雑な内容である。ジャッキーと言ったら、生身のアクション。しかし、年齢とともにアクションにCGが加わって、それを一番感じた作品が「タキシード」である。ジャッキーにCGといった矛盾がすごくいやだったけども、それも認めなければならない年齢までにジャッキーは達している。が、この作品はジャッキーのアクションが結構盛りだくさんで、おもしろい部類にはいるのではなかろうか…。c0015454_23282256.jpg
ジャッキーが演じてきたキャラはいつもジャッキー本人を感じることができるのだが、この作品に関してはシナリオも関係してはいると思うが、ジャッキーのキャラは役に入っているというか、ジャッキーらしさはあまりないと感じた。 が、まるで世界遺産ドキュメンタリーを見ているかのような映像の中でアクションをするジャッキー。それには神秘を感じた。と、言っておこう。
まぁ、なんにしても、ジャッキーは最高だ!
[PR]
by suac-futsal-10 | 2006-09-11 23:28 | 映画半生

TAXI NY

この映画はあのフランス映画「TAXI」シリーズのリメイク版である。だから主役はもちろん舞台、準主役、脇役も総入れ替え。個人的にTAXIシリーズは評価10のうち11だったんで、期待はしていた。今回は舞台がアメリカ(まぁタイトルもNYとなっていたしね)。フランス映画からアメリカ映画と大幅な変更である。主人公もあのフランス代表ユニフォーム男から太ったおばさんへと変化。1つ変わらないのがストーリー展開だ。
結論から言おう。つまらなかった。だいたいおもしろいと思った映画は再び観たいと思ってくるけど、これはもういいやと思えてしまう。それだけ内容が残らない作品だったということ。前回までのTAXIシリーズは、内容は単純で今回と変わらないんだけど、それでも残るものがある。それは、あのバカバカしいトークとキャラ設定。フランスジョーク的な会話がとてもおもろかった。それだけに「TAXI NY」にはちょっとがっかりした。ジョークもあるんだけど、それがさきに読めてしまうものばかりで、まさにドリフコント並であった。簡単に言うと「質が落ちた」ということ。
あと、もう一個不思議なのは、この映画の表紙をみた人なら分かると思うけど、主人公が綺麗なお姉さんじゃないということ。見るまでずっと今回の主人公はお姉さんだと思っていた。表紙に太ったおばさんが載っていないし、載ってるのはお姉さんの綺麗な足と暴走タクシーのみだからだ。日本に配給されるときに表紙を変えたのかもしれないけど、これじゃあ誰が見ても間違えちゃうよ。 見た後に2度期待を裏切られた感じになった映画だね、これは。
さてもう1度本場の「TAXI」でも見るか・・・・。やっぱ「2」が1番おもれーや
[PR]
by suac-futsal-10 | 2006-03-20 00:14 | 映画半生

SF映画

よく10年前はもう一昔というが、映画の中でもSF映画がそれを顕著に表していると思う。90年代(特に前半)のSF映画と今のSF映画の差は歴然で、そのなかでも技術、迫力などの差は全く違う。
でも、僕がここで言いたいのは、技術がすごくなったから、内容もすごくなってるとは限らないということ。せっかく最新の技術でSF映画を作り出せるのに、それに発想がついていってない。すべてがそうとは言わないが、もっとなにかこう・・・うわっすげぇぇと思わせてほしい。それは迫力だけじゃなく、迫力の中に恐さ、不気味さ、そしてCGと思わせないリアリティ。  そういった迫力が含まれてて、且つ最後までドキドキもんの映画が少なすぎる!もっと言えば、先が読めてしまうSFは最悪である。感動させるにしても、それに使う技術はSFじゃなく結局は人間の感情かよって言いたい。それなら一昔前とそんな変わってないじゃないか。  しかしまぁそんなこと言うならお前が具体的な案を出してみろ!と言われそうだけど、特になんもない。 ただ、SF映画っちゅーもんは現実では出来ないことを、まぁ言うなれば”夢”みたいなもんを人々に与える為の映画と僕は考えているので、それを中途半端に伝えようとするなって思っているだけなのである。  ・・・すまん CGの宇宙人たちよ
[PR]
by suac-futsal-10 | 2006-01-20 00:17 | 映画半生

宇宙戦争

c0015454_19382825.jpg


タイトルからして世界規模で、さぞスケールのデカイ映画なんだろうと思いながら観た。
結論から言おう。ネーム負けしており、たいしたことなかった。ドキドキして損したとも言える。
まず、宇宙人のキャラが見えない。地球に何をしに来たのかがわからない。主演の選択も間違ったんじゃないかと感じる。別にトムクルーズ自体の演技を批判してるわけじゃない。むしろよかったわけだけども、トムクルーズというネーミングが映画の規模を邪魔していたんじゃないかな。トムのキャラが中心に作られていて、それだけで映画が完結してしまった。やっぱこういう映画にビッグスターを起用すべきじゃないね。トムを楽しみにするファンには最高かもしれないけど、タイトルが宇宙戦争なだけに、もっと宇宙人にも個性が欲しかった。一方的すぎたのだ。
そして、次に内容がお粗末すぎる。はじめは、すごい内容を予感させる始まりだったけど、時間が経つにつれて、尻つぼみな感じが否めない。宇宙人の攻撃にどうしようもなくなったときにいきなり現れた、草原で小屋に住む元救急隊のおっさん。なぜか彼は宇宙人がどんな考えかを説明している。そして、彼は「大阪でも宇宙人を1体倒しているから俺でも出来ると言い出し、俺は戦うぞと言い出すのだ。でもトムがそれに反発しておっさんを殺してしまう。意味がわからない。ここでスケールの小ささがわかるだろう。宇宙人の行動を言葉のみで説明しているところである。しかもなぜかそのおっさんが。宇宙戦争というタイトルなだけに、もっと世界の国々が宇宙人と戦う描写が欲しかった。
んでもって、もっとお粗末なのがラストのシーン。どう戦うかを期待していたのに、それは字幕のみで終わった。最悪だ。しかもその内容が、地球の微生物に宇宙人の抗体が出来ておらず、地球の空気など自然物に対応できなかったというもの。なんて愚かな宇宙人なのか。100万年前から計画されていたものだというおっさんの言葉があったのだが、なぜこれまでの期間に宇宙人はそこにノータッチだったのか。地球の科学を超える機械などを持っているにも関わらず、そんなショボイ死に方をするなんて・・・。 地球人だって宇宙に行くときはそのくらい考えるだろう。これをお粗末なラストと言わない人がいるのだろうか。
 こういった不可解な内容にしたのもある意味、トムのビッグさによるものだと思っている。トムを活かそうとすることが結果的に他を活かせなかったんじゃないかな。 まだ同じ地球侵略映画の「インディペンデンス・ディ」の方がおもしろかった。
この映画は「宇宙戦争」というタイトルより、「トムと娘の奮闘記」というタイトルに変えたほうがいい。
[PR]
by suac-futsal-10 | 2005-12-09 20:41 | 映画半生

香港国際警察

 ジャッキーチェン最新作「新ポリスストーリー”香港国際警察”」をやっとこさ観た。前作の引き続き版かと思いきや、キャストからしても全く違っていた。少し残念だった。(マギーチャン出してよ・・・ジャッキーの恋人だったのに・・)
とりあえず、感想を言うと「あんな小僧たちに打ちのめされてしまうジャッキーなど見たくない」というとこかな。
 内容説明はあえて省くが、これぞジャッキーという場面は最近のジャッキー映画の中でも抜群だった。事前情報で、今作はCGを使わないと言うのを耳にしていたから、少なからず期待はしてたのだ。やはりジャッキー。すごい。かっちょええ。男前。アクションに関しては今のジャッキーにしては最高であった。これが30の時のジャッキーのアクションだったら落胆していたと思うが、それもしょうがない妥協である。ただ、1つ言いたいのは、ストーリーがジャッキーらしくない。全体的に悲劇系の作品だからだ。しかも、ジャッキー独特のコミカルさが少なすぎる。 格闘にしたって少なすぎる。これじゃあストーリーメインで、格闘はストーリーの繋ぎにすぎないじゃないか。たしか、マイスタントかマイストーリーでジャッキーはストーリーなんて格闘の繋ぎでしかないと言っていた気がした。そのとき僕はその言葉に心を打たれた。それなのになんで??監督がジャッキーではないから?それとも時代がそれを許してくれないから? アクションとコミカルさあってのジャッキー映画なのに、監督はなにをジャッキーに求めているのだろうか。それとも歳を理由にジャッキーからそうしてくれと願い出たのか。真意は全く分からないが、今作が今のジャッキーのすべてを出した作品なら、とても残念だと思う。たしかにアクションの部分部分は最高だけど、もっとアクション全体を増やしてほしい。撮影方法をかっちょよくするのではなくて、昔のあのカメラワークでもう一回ジャッキーを見てみたい。よくそんな動きできるなぁと最初から最後まで感心させてほしいもんである。 でもやっぱジャッキーは最高だ!
[PR]
by suac-futsal-10 | 2005-10-12 00:27 | 映画半生

ロボコップ

ロボコップ作品はSFX映画というものがすげーなと思わされた最初の作品だ。それ以降、だんだんとSFX映画が好きになってきた。僕が映画に求めているのは感動でも恋愛でもない。SFとジャッキーばりのアクションなのだ。映画なんて所詮作り物なんだから、どうせならファンタジーを見たいという考えなのである。感動・恋愛映画なんてちょっと腕の立つ役者なら誰でも演じられる気がするけど、アクションではそうはいかない。SFは頭の中の空想が現実と融合するという点で、限界がない。すばらしいじゃありませんか。構想の段階でこうしたいなぁ~と思ってることを歯止めなくできる。例えば、朝起きたらゴリラになっていたとする。その人はその後どんな行動にでるのか。風呂入ろうにも全身が毛もくじゃらで戸惑うだろう。会社に行っても、その人だとは気づかれないだろう。もしそうなったら・・・って考えると限界がない。でもそれはSFで実現できる。今まで小説の中でしか無理だったアイデアが目で見える作品として完成する。CGの技術が日々進歩してる中で、それが更に無限へと発展していく。すばらしいじゃありませんか。
 話はそれたけど、ロボコップを見ていて少し疑問がある。まず、なんで口元だけが人間なんだろう。中途半端に改造しないで、どうせなら全身を金属にした方が防御力上がると思うのに…。グロいわ。悪い奴らも銃で口元を狙えばいいのに、みんな胴や頭の金属で覆われたとこばっか撃っている。少しくらい考えれば分かると思うのだが。なんか敵同士での暗黙の了解みたいなのがあるんだろうね。あと、敵の頭の悪さが目に余ってしょーがない。ロボコップは全身ほとんど金属なのだから、磁石に張り付くはず。それに気づけば、全部磁石で作ったアジトにすればいいのにな。きっと張り付いて動けんよ。そんなこんなで、ロボコップは最高の作品です!
[PR]
by suac-futsal-10 | 2005-08-27 00:57 | 映画半生

カンフーハッスル

★★★★☆ (5段階評価)

この映画は、タイトルの魅力だけでなく、チャウシンチー作品ということもあって絶対見ようと思っていた。チャウシンチー作品は「少林サッカー」から好きで、彼のセンスに脱帽したとかしないとか。で、カンフーハッスルにもそのセンスを期待していた。しかし、少林サッカーほどではなかった気がする。アホさ加減が微妙だった。タイトルに負けていた。随所ではおもしろい場面もあったが、それも想像の範囲内というか、場面場面で先が読めてしまっていた。(これは香港アクションコメディの特徴なのだろうか・・・)
それでも彼のセンスになんとか楽しめたが、やっぱ期待していたものには届いていなかった。まだ来来キョンシーズの方がドキドキするし、おもしろいや。金おじいさん好き~。
[PR]
by suac-futsal-10 | 2005-08-19 20:10 | 映画半生

80デイズ

80デイズ
これは言うまでもなくジャッキー映画である。
今映画館でやってる最新作「香港国際警察」の1個前の作品で、1ヶ月前にビデオレンタルされだしたっていうのに、つい最近になって観るという非常に愚かな行動をしてしまっていた。ジャッキーファン第1号のこの私がなんと情けないことか・・・。
と、まぁ前置きはこのくらいにして、さすがにジャッキーも「メダリオン」(前作)の流れを引きずってはいなかった。前作は前にも述べたけど、CG使いすぎで、もう最悪だったのよね(でも、なぜかビデオ屋に行くと今だにメダリオンがほとんどレンタル中になってる・・・)。
僕はいつもジャッキーの映画を観る時、作品の内容は気にしていない。内容なんて別にどうでもいい。ジャッキーのアクションありきで観ているようなもんだ。1言でアクションといっても別に格闘シーンだけじゃなくて、ジャッキーの表情、しぐさ、会話、アホさなど、ジャッキーの動きすべてだ。それをまとめてアクションとしている。ストーリーなんてオプションで付いてるようなもんだ。だから、他人にジャッキーの映画のこと聞かれても、アクションシーンがまず頭に浮かび、そこから映画タイトル、ストーリーが思いだされる。
なんでこんなこと言ったかというと、最近のジャッキーの映画のことを他人に聞かれても、すぐに思い出せないからだ。つまり、それだけアクションシーンの強烈さが薄くなってきていると言うこと。
80デイズの中で、中国で格闘する場面があるのだが、ジャッキーよりも周りの奴らの格闘の方がすごく見えてしまう・・・。ジャッキーには独特のユーモアがあるから、まだ総合的には勝っているのだが、完全に格闘のみに焦点を絞ると、やっぱ周りの若いやつらのほうが上だ。(あぁ、こんなこと言いたくない・・・) 監督が外人で年齢を考えた演出をジャッキーに与えてるとは思うのだが、もうちょっと無理をさせちゃえばいいんじゃないか?周りがジャッキーに遠慮しすぎてはいないか?ジャッキーだって、まだやれるさ。怪我させる勢いでやらせちゃってくれ!監督さん!ジャッキーに遠慮させて、いい作品が出来るとお思いですか?この文章で僕がどれだけ「ジャッキー」という言葉を使ったことか・・・
話それたけど、やっぱジャッキーにはCGを使ってほしくない。映画なんだから、休み休みアクションシーンを撮れば、まだまだジャッキーだって出来るはず。過去の栄光を捨てて初心に帰ったアクションに期待するのは、今のジャッキーに対する侮辱なんでしょうか。最新作「香港国際警察」はまだ観ていないけど、観たあとに印象に残るシーンがてんこ盛りだったと言えるように祈っています。まだジャッキーに「お疲れ様です」と言うのは、たとえクリリンが許してもオラが許さねぇ。
あ、80デイズで1つ疑問に思ったことがあるんだけど、列車の中で仲間の可愛い子ちゃんがジャッキー達に
「列車のスピード上げさせたら一緒に旅してもいい?」
って言った後、なにやら車掌室に行って、戻ってきたらスピード上がったけど、一体何をしたんだろう・・・。いやらしい事かな・・・(大人になるとこういうこと考えちゃうからイヤだねぇ・・)
[PR]
by suac-futsal-10 | 2005-04-22 03:05 | 映画半生
昨日、ジャッキーチェンの映画「メダリオン」を見た。メダリオンは2004年6月ごろ公開された映画で、最新作「80デイズ」の1本前の新作にあたる。あらがじめ言っておくが、今から書くことはあくまでもジャッキーを心から愛するからであって、決して批判してるものではない。
ジャッキーは数年前、年齢による体力の限界を理由にアクションにCGを混ぜていくことを明らかにした。現に、「タキシード」ではもうバンバンCGが混ぜ込まれていた。
しかし、「メダリオン」では更にそれが倍増してきてると感じる。ジャッキーのすごいところはアクションの発想、迫力そして連続する格闘シーン。ジャッキーは「マイスタント」でこう言っていた。「いかにアクションシーンで迫力を見せられるかは、カメラ位置やカット方法、演技者の位置による。それをいかにすごくみせられるかをいつも考えている」、と。でも、近年のジャッキー映画にはその考えにCGが加わり、たしかに迫力はあるのだが、どこがCGでどこが生身のアクションか分かりかねる。それはジャッキーがすごいことを証明しているといえるが、自分にとって非常に残念である。非常に・・・。アクションですごいと思っても、もしかしたらCGじゃないのかって思ってしまうのが悲しくてしょうがない。しかも、最近アクションシーンでのカットの切り替えが早い。迫力はあっても、この手法はアクションが苦手な俳優が使う撮影トリックであり、誰もができてしまう。 もうジャッキー映画とはいえなくなってきた。脚本で勝負すればジャッキーはB級のレベルだと思うし、やっぱジャッキーは生身の身体を駆使してアクションで勝負しなければ・・・。「メダリオン」のラストでCGを駆使した格闘のすえジャッキーが敵のボスと一緒に、メダルからでてきたヘビに飲み込まれ空中に飛んでいくシーンがあるのだが、僕はここであることを強烈に感じた。それは、ここまま空中から降りてこないで死んで欲しいと思ったのである。そしてCGのジャッキーは永遠に出てこなくていいと思った。でも、やっぱジャッキーだけが落ちてきて助かってしまった。ジャッキーがこのシーンでCGの自分を捨てたんだと思いたかった(勝手な思い込みだが・・・)。ジャッキー映画を見た人なら分かると思うが、いままでラストバトルでCGなど使っていない。肝心なラストでCGを使ってしまうのはジャッキーファンとしてとても残念である(泣)
自分のお願いとしては、アクションに衰えが感じてもやっぱCGは使ってほしくない。CG映画は好きだけど、ジャッキーとCGは合わない。更にお願いすれば、いつかジャッキー・サモハン・ユンピョウを主演として香港でまた映画を作ってほしい・・・たとえ衰えててもいいから。これは映画云々というより、その3人の絡みが好きだからである。
[PR]
by suac-futsal-10 | 2004-12-30 23:37 | 映画半生